読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホウエンポケモンで目指せレート2200

ポケモン対戦について書いていきたいなと思っています Twitter⇒ @JiRagura

起点作りスカーフすり替えオニゴーリ

今回も少しテンプレとは違ったポケモンを紹介したいと思います

f:id:yukinakun:20150609195630j:plain

オニゴーリ@スカーフ 精神力 臆病H156B4C84D12S252振り

実数値 175 × 101 111 102 145

すり替え フラッシュ +フリーズドライ 絶対零度 凍えるかぜから2つ選択

ファイアローの特化鉢巻きブレイブバード確定耐えまで耐久を振り無振りガブリアスフリーズドライでギリギリ確定一発と火力は最低限に抑え確実に一回は動ける用にしました

主な役割はすり替えフラッシュによる後続の為の起点作りですが役割破壊の零度や氷4倍竜への奇襲も出来るのがポイントですね

 こだわりすり替えと相性の良さそうな金縛りですがスカーフすり替えによる相手とのS逆転やそもそもスカーフを渡された相手が引く可能性が高いため不発に終わることが多く必要は無いと考えました

冷凍ビームの利点も耐久に振っているメガマンダを乱数から確定でもっていけるくらいだったので範囲が取れるフリーズドライを優先

ただし前述の通り4倍を突かないとかなり火力は低く無振りメガギャラでさえ確定3発、H振りラグラージも確定2発なため逆に起点にされないようこだわったままフリーズドライを打つときは注意が必要です

●立ち回り方 

ほぼ先発に起用

先発に来やすい起点要因にスカーフすり替えを狙います その後相手の攻撃で倒れるまでフラッシュを連打して後続の起点にします

交代で出てきたメガ進化ポケモンにすり替えを撃ってしまうとどうしようもなくなるので相手の裏に後出しされそうな奴がいる場合は初手からフラッシュを選択するのもありです メガルカリオの補正無し252振りしんくうはやバレットパンチも一発は耐えるので最低でも一段階相手の命中率を下げることができます

 

●相性の良いポケモン

メガボーマンダ メガクチート ガブリアス ウルガモス 霊獣ボルトロスなど強力な積みアタッカー

シャンデラ ピクシー スターミーなど小さくなる嵌め戦法を使うポケモン

 

●苦手なポケモン

クレッフィ 対面して初手身代わりされるとかなり厳しくなります オニゴ相手なら電磁波から入るのが多いでしょうが

ハッサム こいつがいるときはできれば選出は控えたいです 鉢巻きバレパン確1 特化メガバレパンが低乱1

 

●最後に

ここまで読んで頂きありがとうございます

最近ジャロゴーリ増えましたね ジャロの草技もそうですがむらっけオニゴーリフリーズドライを持っていることが多くラグ使いには厳しい環境に(T_T)

まあそんな中で普通のむらっけゴーリを紹介しても面白くないと思い今回の型を考えましたがいかがでしたでしょうか?

まあこの型でもフラッシュ使う以上不安定なポケモンには変わり無いのですがww

フラッシュという技自体あまり使われてませんがそこそこ強力で色々なポケモンが使えるので面白い技だと思っています

強い型を更に考察し洗練していくのも良いですが新しい型を考えるのもまた楽しいですね

この記事についての感想、アドバイス、質問などありましたらコメントまたはTwitterにてお知らせ頂ければ嬉しいです

改めてこの記事をここまで読んで頂きありがとうございました