読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホウエンポケモンで目指せレート2200

ポケモン対戦について書いていきたいなと思っています Twitter⇒ @JiRagura

メガライボルト軸ホウエン統一PT

また久しぶりのPT紹介です

S10終盤に90戦使用

最高レート1934

最終レート1900  59勝31敗でした

●PT紹介

f:id:yukinakun:20150720140550p:plain

 ラグマンダの並びを見せライボルトで有利を取れるボルトロスやミトムを誘います

 統一PTの多くに言えることですが積極的な釣りだしが必要になります

 

ラグラージ@オボン 激流 図太い H252B156D100振り

 実数値 207 × 143 105 123 80

波乗り 欠伸 ステルスロック 吠える

以前から使ってるラグラージ

ラグマンダや御三家パでも出てるので割愛

 

バシャーモ@命の珠 加速 うっかりや A44C244S220振り

実数値 155 145 90 177 81 128

大文字 馬鹿力 目覚めるパワー(氷) 守る

実はABU個体^^;

この子も以前の記事に2回ほど登場してるので割愛

 

シザリガー@襷 適応力 意地っ張り AS極振り残りB

 実数値 139 189 105 × 75 107

クラブハンマー 叩き落とす がむしゃら アクアジェット

 今回はがむしゃらを搭載 これにより対スイクンが安定するようになりました 剣舞アクジェの抜き性能の代わりにサザンドラ等にも勝てるタイマン性能を得ました

アクアジェットが有名なため殴り合った後アクジェ警戒で引いた相手に交代読みがむしゃらを決め2体を死に体にすることも出来ます 以前使っていた型から技を一つ変えただけですがまた違った立ち回りが出来良かったと思います

 

ライボルト@メガストーン 避雷針→威嚇 臆病CS極振り残りD

 実数値メガ前 145 × 80 157 81 172

   メガ後 145 × 100 187 101 205

十万ボルト 目覚めるパワー(氷) 火炎放射 ボルトチェンジ

 今PTの主役 威嚇込みでガブの地震耐え調整が有名ですがそうしなかった理由はその調整をしてもガブとのタイマンで勝てる可能性が低い 元々威嚇ボルチェン→終盤掃除が役割であり打ち合いには向いていないと考えたからです

シザリガーバシャーモと組み合わせることで避雷針発動の機会はかなりありました(主にボルトロス

ガブリアスランドロス等スカーフ地面を後だしされることが多かったので相手PTにこれらがいるときに有利対面を作ったら積極的に交代読みめざこおりを打って行きたいです

 

ボーマンダ@メガストーン 控えめ CS極振り残りD

 実数値 メガ前 170 × 100 178 101 152

    メガ後 170 × 150 189 111 172

ハイパーボイス 流星群 大文字 いびき

控えめにすることで後だしされやすいミトムやサンダーに圧力をかけることができました

一応大文字でH振りメガクチート低乱1

いびきはキノガッサへの後出しやカバルドンのあくびに対して居座れるかなと思い採用しましたが眠りターンが不定なため使いにくかったです 身代わりかはね休めか地震でいいと思いました

 

メタグロス@ラムの実 意地っ張り H156A244B60D4S44振り

実数値 175 204 158 × 111 96

コメットパンチ バレットパンチ 思念の頭突き 冷凍パンチ

フェアリー受け要因 最初の構成は地震バレットれいpどくどくでしたがミトムに打点がなかったのがきつかったので思念に変更

今シーズンはジャロやらクレッフィやらボルトやら状態異常撒いてくる奴が多かったのでラムの発動機会は非常に多かったです

Sは無振りクレッフィ抜きまで振りましたが相手もミラー用に調整されてるのか結構抜かれることも多かったです

 

●選出

バシャ+ライボ+シザリorラグ

マンダ+グロス+シザリが基本です

 

●このPTが苦手とするポケモン

メガネミトム スカーフガブ メガチルタリス

前2匹でよくPTが半壊しました

チルタリスはグロスでしか見れない上、受けられやすいのでほとんど勝てませんでした

 

●最後に

ここまで読んで頂きありがとうございます

S10はあまり潜れませんでしたが勝率は以前より良くなりそこは良かったと思います

S11はダブルなどの別ルールでのホウエン統一もやってみたいかな 

短めですが今回はこの辺で

この記事についての感想、アドバイス、質問などがございましたらコメントまたはTwitterにてお知らせいただければ嬉しいです

改めてこの記事をここまで読んで頂きありがとうございました